ウェディングケーキのファーストバイトに込められた意味とは?

結婚式の披露宴で、ケーキカット後に新郎新婦が

ウェディングケーキを食べさせあう演出を、

ファーストバイト(first bite)といいます。

 

一口で食べられないくらいの大きなスプーンで

新婦が新郎にケーキを食べさせようとして困らせるなど、

微笑ましい様子に、冷やかしながらシャッターを押す招待客。

 

披露宴ではおなじみの演出ですが、

ファーストバイトは単に盛り上げるためだけのものではなく、

きちんとした意味が込められているのをご存知でしょうか。

 

ファーストバイトの意味

新郎から新婦への一口には

「一生食べるものに困らせない」

そして、新婦から新郎への一口には

「一生美味しいご飯を作ってあげる」という意味があります。

 

披露宴では笑いが起こる楽しい演出ですが、

これから始まる結婚生活において、

新郎新婦にはとても重要な誓いになります

 

あなたは守れていますか?

ファーストバイトの意味をしっかりと理解した上で、

あなたはその宣言を、ちゃんと守れているでしょうか。

 

約束通り、生活に十分な収入を得ている夫に、

美味しく食べられる食事を作れていますか?

 

もしできていなければ、挙式での宣言がになります。

これから結婚する方は、自信を持ってファーストバイトができるよう

料理教室に通って料理の腕をしっかり磨いておきましょう。

 

お互いが充実した幸せな結婚生活を送るには、

男性の胃袋をガッチリ掴むのが秘訣です。

 

まとめ

最近は、ファーストバイトから派生した演出もあります。

そのひとつが、両家のご両親がサプライズで

新郎新婦にお手本を見せるケーキシェアリング。

 

また、新郎新婦がお互いのお母さんに対し、

「今まで美味しいご飯をありがとう」という

感謝の気持ちを込めてするサンクスバイトもあります。

 

いずれにしても、ファーストバイトは

生活に欠かせない食事においての大切な約束。

単なる披露宴の一演出で終わらせないよう、

守る努力をしなければいけませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事