フライパンは鉄?テフロン?手入れのしやすさでおすすめなのは?

料理する際には欠かせない調理器具フライパン

そんなフライパンに使われる素材は複数ありますが、

一般的なのは、テフロンでしょう。

 

 

今回はその2大フライパンについて、

良い点と悪い点

それぞれまとめてみました。

 

 

鉄のフライパン

鉄製のフライパンは、

なんといっても丈夫なのが良い点です。

 

 

・1000℃の高温にも耐えることができる

・熱伝導性が良いのでムラなく焼ける

・油が良くなじむ

 

 

などのメリットを活かして、

オールマイティにいろんな料理に使えるのが

鉄製のフライパンのメリットといえます。

 

 

一方、鉄製のフライパンの悪い点は、

使いやすくなるまでに時間がかかるところです。

急いで料理したい時には、じれったいかもしれませんね。

 

 

とはいえ、油なじみが良くなってからは、

火加減次第で上手に料理ができる味方になってくれます。

作るものや状況にあわせて使うと良いということですね。

 

 

また、鉄製のフライパンはサビ防止など、

お手入れが必要というのもデメリットでしょう。

手間のかからない調理器具が良い人には不向きです。

 

 

テフロンのフライパン

テフロン加工のフライパンの良い点は

 

 

・料理が焦げ付きにくい

・油が少なく調理できる

・汚れを落とすのが簡単

 

 

などといったことが挙げられます。

お手入れが簡単で手間ナシなのは、

ラクなのでとても助かりますよね。

 

 

ですが、そんなテフロン加工のフライパンには

表面の樹脂加工が剥がれてしまうと、

買い替えなくてはいけなくなるという難点も。

 

 

鉄製のフライパンと比べるなら、

耐久性があまりないということになりますが、

これは選び方によって違いが出てきます。

 

 

実はテフロン加工のフライパンはメーカーによって

食材がくっつかないようにする

加工の質にかなりの差があるんです。

 

 

意外と知られていないようですが、

上質な加工が施されているフライパンなら、長く使えます。

買い替えの時には、この点をきちんとチェックしましょう。

 

 

また、これも案外知られていないことですが、

テフロン加工のフライパンは高温での調理には不向きです。

耐熱温度はおよそ250度とされています。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

フライパンは、鉄とテフロンの特性

きちんと把握した上で選ぶことが大切です。

 

 

美味しい料理を作るには、調理器具にもこだわりましょう。

それはわかったけど、どんなモノを選べばいいの?

という方は、メルマガでお話しています。

読むだけでプロポーズを引き寄せる
愛されめしメールレッスン

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事