お見合いパーティー参加前に知っておきたいこと3選!

お見合いパーティーに参加する時はそのパーティーの特性や、

運営している会社の特徴を理解しておく必要があります。

それを知っておくだけで充実度が全く異なりますよ。

ここでは3つのポイントに注目して紹介していきます!

 

 

参加人数がパーティーごとによって違う

例えば、A社のお見合いパーティーに参加したら5000円の参加費で男女それぞれ10人が参加。

一方、B社のお見合いパーティーに参加したら5000円の参加費で男女それぞれ6人しか来なかったというケースもあるんです。

 

これはお見合いパーティー自体の知名度、応募資格の厳しさ、日程、最低催行人数などが関係してきます。

中には男女それぞれ15人ぐらい参加するパーティーもあるので、

この辺り理解していないと出会いの確率が全く変わってきてしまいますよ。

 

 

開催日が近いお見合いパーティーは安くなる

開催日が間近に迫ると500円から1000円ほど参加費が安くなることがあります。

女性なら2000円の参加費が1500円ほどになっていることも珍しくありません。

これは人数が足りておらず急募の状態

日程が平日などの場合、よくあります。

 

パーティーの質が悪いから人が集まりにくいということではないので、

安くなっている時は狙い目ですよ。

 

 

年齢幅が広い募集はできるだけ控える

例えば、女性の応募参加条件として23歳から39歳という記載があったとします。

20代中盤ぐらいであればもちろん参加しても良いですが、

30代後半の参加は出来れば見送りたいところ。

 

自分が参加条件に満たしていたとしてもライバルとなる人が若い人ばかりだと、

どうしても不利な状況に・・・。

 

男性は若い女性を好む傾向にありますから、

それだけでそのお見合いパーティーは苦戦してしまう可能性があります。

「30代を対象」など自分の年齢に見合ったお見合いパーティーに参加しましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事