「料理ができない女性」は結婚がなかなかできない女性の特徴でもあります。結婚するために、料理教室に通う・実際に料理を作ってみるという方もいらっしゃるでしょう。しかし、男性と女性とでは好む料理が異なるため、ただ料理を学ぶのではなく、男性が好む料理を覚える必要があります。

「30代になっても料理ができない女性のまま…」「料理がなかなか上達しない…」とお悩みでしたら、ぜひ愛されめし協会へお越しください。

男性が好きな料理とは?

男性が好きな料理とは?

女性と男性では、好む料理が異なります。女性はレストランで出てくるような見た目が色鮮やかでヘルシーな料理を好みますが、男性は肉を使った料理や白米に合う濃い味付けの料理を好む方が多いです。

例えば、カツ丼やステーキ、オムライス、カレーなどの手軽でボリュームのある料理です。頭では魚や野菜が中心となっている料理の方が体に良いということはわかっていますが、それが続くとどうしても物足りなく感じてしまいます。

男性の胃袋をつかむには、インスタ映えするような豪華な1品料理よりも、パパッと作れる簡単な料理を複数並べることです。品数が多いと食卓が華やかに見えるうえ、男性はシンプルな料理をサッと作ってもらうことに幸せを感じます。

品数を増やすために、新しいレシピに挑戦する必要はありません。覚えるレシピは、食べ慣れた定番料理の10品で十分です。10品の作り方さえ覚えれば、応用ができるため、簡単に献立を考えられるようになります。

幸せな結婚をつかむために料理の楽しさを見つけよう

幸せな結婚をつかむために料理の楽しさを見つけよう

「料理を作るのが面倒」「美味しく作れるか不安」といった気持ちで料理をすると、その気持ちは料理を通して伝わってしまいます。すると男性の反応が良くないため、「作るのが楽しくない」という負のループに陥ってしまうので、楽しさの見つけ方を知ることがとても大事です。

料理を作ることが楽しいと思えば、自然に何度も作るようになります。その楽しさのポイントは人によって異なりますが、自分なりの楽しさを見つけて繰り返し作っていくうちに、料理の腕も上達していきます。

ただ、数をこなすとなると時間も手間も大幅にかかってしまいます。料理に限ったことではありませんが、何かを効率的に上達させるためには、「誰かにフィードバックをもらって改善点を見つけて次に活かす」というフローが大切です。料理であれば、気になる男性に食べてもらうのが理想的です。その人の好みの食材や味付けに合わせて料理の腕を磨いていくことが、その人の胃袋をつかむ一番の近道になります。

また、料理の勉強を始めたことや料理教室に通って修行中であることを周りにアピールしておけば、誰かにアドバイスをもらえたり安いスーパーや特売の情報を教えてもらえたりするかもしれません。言葉にすることは自分のモチベーションアップにも繋がります。

料理上手とは、たくさんのレシピを知っていることではなく、限られた材料でも相手の好みに合った料理が作れる人のことを言います。料理のスキルを磨いて男性の胃袋と結婚をつかみたいとお考えでしたら、ぜひ胃袋をつかむ専門料理教室&婚活カウンセリングの愛されめし協会へお任せください。料理ができない女性から、男性好みの料理で胃袋をつかむ女性へと変わることで結婚へと近づきます。

自分の強み、弱みをしっかり把握したい、克服したいという方は、
さらに詳しい内容を書いている無料メールレッスンで学んでください。

今なら「男性の本音インタビュー&胃袋をつかむレシピ集」をプレゼント

料理ができない女性でも結婚できる?お問い合わせは愛されめし協会へ

会社名 株式会社Cooking salon dish
住所 〒160-0007 東京都新宿区荒木町6 アカギビル1F
電話番号 03-4231-9212
MAIL info@aisaremeshi.com
設立 2016年2月2日
代表 青木ユミ
理念 手料理から愛と豊かさを1cmの差と45度の角度で男性に喜ばれ、家族に愛される料理を
普及することで、女性が心、時間、経済の豊かさを得られ
安心した子育てができる日本の未来に貢献します。
URL https://aisaremeshi.com/